『風味』を含むコンテンツ

コロンビア(ストレートコーヒー)

コロンビアは、ブルックス(BROOKS)コーヒーの中でも、ブレンドコーヒーではなく、
ストレートコーヒーです。コロンビア生豆を100%使用しているということです。

ブルックスコーヒーのコロンビアについては、パッケージに、
「繊細でマイルドなコク」と書かれています。

口当たりが繊細でマイルドかどうかは、好みによると思いますが、
ブルックスの他の銘柄に比べて若干酸味が強く、風味に若干のクセがありますから、
好き嫌いが分かれるのではないでしょうか。

美味しく淹れるためには、若干蒸らしの時間などを短くしたほうが、
酸味も引き立ち、香りも立つと思います。

とここまで下書きを書いておいたのですが、今回新たに商品が届き、
新しいコロンビアを飲んでみると感想が変わりました。

酸味もそれほど強くなく、クセ(個性)も感じられなくなっていました。

前回の注文で届いた豆が、たまたま「ハズレ」だったのか、
それとも、その後に改善がされたのかわかりませんが、
コクと味わいはあるものの、たぶん誰にでも飲みやすい美味しいコーヒーです。

そう考えると「繊細でマイルドなコク」という表現も良いかもしれません。

あくまでも私見ですが、ブルックス(BROOKS)のコーヒーの中でモカブレンドに次いで、
誰にでも受け入れられそうな気がするコーヒーがコロンビアですね。

キリマンジャロ(ストレートコーヒー)

キリマンジャロは、ブルックス(BROOKS)コーヒーの中でも、ブレンドコーヒーではなく、
ストレートコーヒーです。キリマンジャロ生豆を100%使用しているということです。

ブルックスコーヒーのサイトなどを見ると、キリマンジャロについては、
「さわやかな酸味にほのかな甘みがひろがり、口当たりもマイルド。」とか、
「上質な酸味と高貴な味わいをお楽しみください。」などのように書かれています。

口当たりがマイルドかどうかは、好みによると思いますが、
たしかに、ブルックスのコーヒーの中ではもっとも酸味が強いのではないでしょうか。

美味しく淹れるためには、若干蒸らしの時間などを短くしたほうが、
酸味も引き立ち、香りも良いと思います。

そのようにして淹れたキリマンジャロは、たしかに酸味が爽やかで、甘みもあります。
コクに関してはあまりありませんので、その意味ではマイルドかもしれませんが、
コクを出そうとして蒸らし時間を長くしては、
せっかくのキリマンジャロの酸味と甘みが楽しめなくなります。

コーヒーの酸味については好みの問題ですから、酸味のあるコーヒーが苦手な人には、
キリマンジャロは向かないかもしれませんが、
個人的には、ブルックス(BROOKS)のコーヒーの中で一番好きなコーヒーです。

コーヒーの酸味と甘み、そして味わいが、淹れたてのときから、
飲むにしたがって、コーヒーの温度が冷めていくにつれて微妙に味わいや風味が変わり、
(もちろん、すべてのコーヒーが温度が冷めるにしたがって微妙に変わりますが)
その変化も楽しく、変化の際の味のバランスが良いコーヒーだと思います。

個人的には、ブルックスのバラエティパックで、キリマンジャロの数をもっと多くして欲しい。
そう思うくらいですね。